スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国が約束を違えた?それとも?その2

さてさて、「徳山港を-20mまで掘り下げて25万トン級の船が入港できる第一ポートとする計画が島津と国との交渉で約束されていた。」と言われるが、はたして・・。?
誰も知らないことですから、「それってほんと?」と決めつけるわけにはいきませんが、実力政治家のなせるところか?。
ところが、その結果は、市長退任直後の平成23年5月30日に明らかになります。
繰り返しますが、国交省から選定された「徳山下松港国際バルク戦略港湾」のスキームは「下松港-20m新設、徳山港-14m護岸延長、新南陽港-12m護岸延長」でした。
これが「心血を注ぎ、国と約束をしていた」結果である、となれば、まさに国に裏切られた訳ですから、当時の市長ならずとも約束の事実を知れば、関係者一同、心中穏やかならざるものがあるでしょう。
だが、当時は公式にも、島津前市長本人の判断も、何より「国際バルク戦略港湾に選定される」ことが最優先され、選定結果も国へ応募したスキームどおりであったわけですから、念願叶ったと言うべきはずですが、どうでしょう。
まさか、港湾管理者である山口県を飛び越へ、市民も企業も知らないところで、国(国交省の直轄事業)と直接交渉し、約束させておき、「あっ!」と言わせるための隠し玉だったのではないのでしょうね。
この秘策?が「木村市長のもと、下松が第1ポートとなったことで国からの周南市への3000億円の事業が失われ、日本と周南市の損失は計りしれません。」と、まさに悲憤慷慨ですよね。
これが事実なら、後を引き継いだ木村市長は無能を極める国賊と言うところですがさて、さて。
それなら島津氏が市長を続投していれば「約束が守られていた」とでも言われるのか。
はたまた、「退任により白紙に戻った」とでも言われるのか。
仮初にも無邪気なハッタリではすみません。
“問うに語らず語るに落ちる”と言う諺があります。
また、”誉は自らの口を持って褒めず、他人の口を持って褒めさせよ(聖書)”
言うまでもなく政治は結果責任を問われます。

蛇足です。
3000億円の事業とは、「もし、-18mの港湾が整備されれば周南地域への民間投資が誘発される」と、かつて議会勉強会で某企業のトップが発言されたことがあったけど。
推察ですが、、このことでしょうか?・・。
おわり

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。