スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治に関わる人の感心度合い

2011年ハローワーク公式サイトの13歳のアンケートで、あこがれの職業の一位は中学高校教師、二位は保育士、三位はパティシエとつづき、政治家はと見ると178位と言う。
ちなみに公務員は六位、この現実も何を物語るのか。

人物には四つのタイプがあり良い方から順に①一見あほでその実は賢い、②一見賢そうでその実賢い、③一見あほでその実あほ、④一見賢そうでその実あほとなる。

菅直人は③で野田佳彦は④だ。政治の世界でも一見賢そうでその実あほよりも一見あほでその実あほの方がまだましなのだ。

これは正論11月号に載っていた一部だが、民主党と言う組織と野田総理大臣も資質を評価したものだが、これを周南市の現状に当てはめるとどうなるのか。

木村健一郎市長の前任者が良きにつけ悪しきにつけひどすぎた(河村、島津)ことが幸いしたようだが、果たして
本人はどの程度の賢さなのか。

木村市長は就任早々行財政改革を徹底して進める、と考えを明らかにし、前任者が周南再生と位置づけ進めてきた計画の見直しを打ち出したが、本当に十分検討を加えているのか気になる。

主なハード事業では西部道の駅も、学び交流プラザも、動物園リニューアル計画も、学校給食センター整備計画も、福川グランド(ビーチバレーコート)の整備等々。

見落としてはいけないが、島津政治塾と言える撫育塾をぶっ潰した。
これは教育委員会が主催する公金で運営する人材育成団体である。

一部市民に嫌気感が醸成されつつあるのか、注視しなければと思うところだが、問えば、精神論、観念論が先行し具体性や説得力に欠ける言葉の多用は少々物足りないし、気がかりではある。

どこも似たような志の低い政治もどきが横行することだけは願い下げたい。
将来を担う13歳のこどもらは政治家に対して尊敬も期待もしていないようだが、心しなければいけない。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。