スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下松市議会には驚いた

9月29日の臨時会で、1週間前に全会一致で可決したばかりの市立保育園建て替え工事の建築費(8,300万円)を、今度は撤回する減額予算案に、賛成11人反対8人で可決してしまった。
井川市長は保育園建て替え工事をプロポーザル方式で一括発注するとして提案したが、議会はこれに反発し「地元業者にもしっかり工事が分配されるように」と、分割発注を要求する付帯決議を行った。
今度は市長がこれに反発「議会は執行権に不当介入だ。議案は撤回する」として、この事態になった。
「安くてよいものを造る」とか「建て替えの安全性や、早期完成を考えれば一括発注が必要」と建前を理由に一括発注方式にこだわる市長だが、はたして本当にそうだろうか。
これまで大方の自治体はモンロー主義であり、土木・建設工事や資器材購入は市内業者育成や保護を建前に市内業者に発注してきた。
建築工事であれば主体、設備、電気等それどれの工事を分割発注することでうまく収まっていたはずである。
それでは、市長はなぜ分割発注ではいけないのか、市内業者では施工技術や能力が不足なのか、割高につくのか、また市側の工事管理能力はどうなのか、これまでとどう違うのか、その疑問にきちんと応えなければならない。
穿ってみれば市長の本音は建前が理由ではなく「執行権への不当介入だ」というとおり、自分の提案したものに注文がついたことで反発したと思われる。
そもそも議会の付帯決議は尊重しても絶対ではない。
平成13年以降、周南合併協議会から離脱後、共産党との蜜月も双方にとって有利に働いたはずだろうが,思わぬ生地が出たようだ。
それはともかく誰のための保育園なのか、誰がその費用を負担するのか、市民は限られた財源(税金)を有効に使って市民サービス施設の整備を行政に付託しているはずだ。
安くて良いものなら徹底することだと思うが、「不況風が吹く市内業者に何らかの手助けを」これが一部の利害関係者の思いでもあろう。
しかし、目的をさておいて手段でもたついていてはいけない。
それにしても8人も筋を通した議員がいたことは褒められるが、11人のお追従には相も変わらず「孤立を恐れて信念を曲げることが賢い議員」とばかりに変節、諂い何でもありということか。
お隣のことだから好きにすればよかろうが、市長も議員も市民を置き去りにした不毛の対立をしている場合ではなかろう。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。