スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市政の刷新は市民力に

それにしても雌伏4年間、リベンジを期しこんな地方で都市型選挙(マスコミ対応の巧みさ、市民の関心を掴むイメージ作り)を演じて見せた島津陣営の選挙戦術は見事ではあるが、これからが大変である。
「市政を再生(刷新)する」このフレーズはイメージであり現実ではない。
選挙に勝利して市政の入口に立ったばかりである、具体的に何をするか。
ここでもマニフェストは大いに生かされる必要がある。

とにかく「しがらみ一掃」を叫びながらしがらみどっぷり。
自らの郷土愛を強調することで島津氏のよそ者イメージづくり、さらには極めて常識的な公約を掲げた「まるごと河村市政の継承」は退けられた。
今更ながら周南市の再生に期待したい。
不言実行は人として尊ばれるが、政治の世界は有限実行である。
市政が不言実行であっては困る。

何よりも積極的に情報を公開し、市民参画をいとわないで市民利益に立った市政がリーダーには求められる。
現段階では新しいリーダーは未知数である。
だからこそしっかりと市民力(市民意識を持つ市民の監視と参画)が求められる。
議会はなおチェックアンドバランスを要求される。
一層心して是々非々を貫きたい。これが周南の再生につながることだと信じる。                           
‘7.4.23  終わり

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。