スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長給料50%カット案否決!

採決結果は全会一致であるが、4人ほど「採決に加わらない」と言って退室してしまったので11人が7人になった。
これは6月議会で市長が「自らの給料を50%減額する」という条例案を提出したが、継続審議になっていたもの。

市長は選挙の公約で給与を50%減額すると訴えていた。
ところが議案として提出された内容は給料の50%減額だったから「どうした?」「いいえ、給与と給料の違いが分からなかったの。」
給与とは給料、賞与、諸手当を含む全部を言うもので、給料は給与を構成する部分を指す。
給与の50%減額なら実質収入も50%減になる。

「私の本意は月額給料の50%減額だった」これだと実質収入は33%減になる。
「そりゃないだろう」ここまでは愛嬌。

「行財政改革をきっちり進める証として給料の減額をする」と気合いを入れてみせても、政治は結果責任だから成果を出せばよい。
ついでに行財政改革を言うなら自身の給料のカットを先鞭に職員給与や、議員報酬の減額に言及すればと思うが、そこまでは無理か。

とにかく、選挙の公約に、昨今流行りの白か黒かの二者択一を振りかざして、有権者の歓心を買おうとする。
それも勝つための手段に金をめぐる公約を持ち出すなど次元が低すぎる。
疑似餌に食いつくだろうと思っているのかどうか、それでも民主党の公約違反より罪は軽い。

本来、政治は政策を柱に有権者に判断を求めるものだろう。
「前市長の施策・事業をすべてゼロベースで見直す」所信表明で力強く決意されたのだから揺らぐことなく貫いてほしい。

蛇足だが、特別職の報酬はお手盛りを避けるため市民、有識者で構成する「特別職等報酬審議会」で市長の諮問を受けて、協議結果を市長へ答申する。
そうして市長は答申を尊重し、議会に提案する、という手続きになっているが「上げるんじゃない、下げるんだから自分で決めてもいいだろう」ってことなのか。

どっちにしても12月議会で再度提案し、意思のあるところを示しますか?
「きっちり貰って、きっちり仕事」そうすりゃ誰も文句を言わない。
斯く言う私もそうだが。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。