スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここで踏ん張るか

木村さん、市長就任するや矢継ぎ早に前市長の施策や事業見直しに着手、その概要が見えてきた途端、激しいブーイング。

西部道の駅の見直し検討会の結果報告によって、計画そのものが過大な見込みをもとにした「はじめに建設ありき」の如何わしいものだったことが明らかになった。

多目的施設を併設し、地域コミュニティーの交流の場であるとか、災害時の拠点施設にするのだとか、これが地域の長年の願いであったのだとか、誰がここまで増長させたのか。

いま又、地元住民有志で「これまで通りの計画を進めて欲しい」と請願が提出されている。
紹介議員は湯野地区と戸田地区に住むお二人だが、ご当人は請願の内容に抵抗があるらしいが「頼まれれば仕方ないか、地元のことでもあるし逆らえないかな」ただいま議会の審議にゆだねられているが、今度は同じ轍は踏めまい。

翻ってみれば、前市長の「再生しましよう、強い周南」の掛け声に乗せられ歓呼と期待をもって迎えられたが、財政運営は素人レベル、とにかく市民迎合のパフォーマンスがなせる負の遺産かもしれない。
再度木村市政下で仕切り直しが求められることだけは確かだが、議会も踏ん張りどこ。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。