スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由闊達に、がほんとの理由?

「周南市防災行政無線検証会は非公開で行う」検証会委員の決定にたいして理由も、根拠もあいまいだ、として私は市議会で問題提起した。

9月5日、第2回会議があった。
市側が提出した検証事項に沿って行われたと思うが、何んと非公開の理由が「自由闊達に意見が言えるように」ということが分かった。
やっぱり!

検証会のメンバーは学識経験者ということで、徳山高専準教授、公認会計士、県建築士会長、弁護士の4人の錚々たるみなさんである。
彼らがよもや今日の情報公開の実情を知らないはずはなかろう。

あえて情報公開法から、情報の公開の前提としての「知る権利」そして「説明責任」の意味するものは、「行政の透明性を向上させ、行政に対する国民の監視と参加に資すること」であると定義づけている。

検証会の目的は、行政施策としての防災無線事業にまつわる不明点を明らかにし、広く市民の公益を確保するためであり、その趣旨からして検証会の会議自体の公開はまさしくこのことに合致する活動である。

言うまでもなく市議会の「特別委員会・100条調査」は全面公開で行ってきた。
行政内部の検証でも広範にわたって島津前市長の不当な関与が明らかになっている。
今更何を非公開にする内容があろうか。

いわんや今日「自由闊達に意見が言えるように」というレベルの理由で非公開を決める公的な会議があろうか。
情報公開の目的に照らしても合理性を持たないし、その具体的理由等の説明が不可欠であるはず。
穿ってみれば、むしろ市民の知る権利とは全く対地する自分たちの立場や利益を守りたいがための非公開措置と受けとれる。

言っておくが市議会は「すべての会議は公開」、そして会議録は全文筆記としHPの検証システムで公表している。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。