スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災行政無線施設整備工事、その後-2

市側担当者は「周南市情報公開条例」「付属機関会議の公開に関する規程」から該当条文を示した。
条例第7条(4)審議、検討または協議する情報であって、公にすることにより、率直な意見の交換もしくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ、不当に市民の間に混乱を生じる恐れまたは特定の者に不当に利益を与えもしくは不利益を及ぼす恐れがあるもの。

条例第22条(会議の公開)(3)会議を公開することにより、公正かつ円滑な議事運営が著しく阻害されると認められる場合、にはこの限りではない。

付属機関の規程第2条 会議の原則(1)会議は公開とする。

同規程第3条 会議の原則に従わない時の取り扱いとして、審議等事項に非公開の事項とそれ以外の事項があり、容易に分割して審議等ができる場合は非公開にかかわる部分を除き会議を公開する。

第10条 会議の運営に関し必要な事項は付属機関が別に定める。
これらが根拠であると説明。

「ならば特定者の利益、不利益が不当にとか、著しくとかを理由に非公開扱いにしようというのだから、具体的にどのような事柄があるのか」
市側「それ私たちにはわかりません。検証会の委員が決めることですから」と市担当者は当事者権限を持たないことを強調する。

「それでは付属機関を所管する行政の立場から指導してはどうか。こんなことでは公開により市民利益を守るという情報公開の原則から後退する。
何より、議会の調査委員会の資料や報告をもとにした検証会であれば、なおさら非公開にする理由はない。
むしろ委員側の自己利益を守ろうとする思いがあるからではないかと疑われる。
さらには公開することで特定者の利益を守る(プライバシー保護)ということで非公開にするのであれば検証結果の公開段階で、特定者の関連部分は永久に非開示になりはしないか。
会議の経過から非公開にすべき該当部分と切り分けるべきではないか。
当初から非公開それも全面的にとは誠に遺憾だ」

市側は「委員の皆さんに伝えます」。これでチョン。

余談、関係者に色々確認してみた。「どうも特定者とは前市長ではない?」「委員は会議を公開することで自らに不都合があってはいけないのでは?」と、当方もあえて原理主義に立つものではない。
事実もしかりだが、事実を裏打ちする真実が覆われないことを願っている。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。