スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災行政無線施設整備工事、その後-1

議会100条調査結果に続く行政側による内部の検証、そして外部有識者による検証機関設置による外部検証が動き出した。
その第1回目は8月29日に開かれた。ここでは今後の日程、会議の公開非公開の取り扱い、検証項目の確認が協議された。
第2回目は9月5日、第3回目は9月21日、第4回目は10月6日と、全部で4回の会合で結論を出すということである。

そこで特に会議の公開、非公開の扱いについて気がかりなことがあるので私見を書く。
第1回の検証会は今後の審議の進め方を確認した。
その中で「特定者の利益を損ねる可能性もあるなどとして具体的な審議は非公開にする」と、言う内容の記事を報道で知った。

審議に入る前から非公開を上記のような理由で決めることに疑問をもったので「非公開の件で疑義がある」として特別委員会を緊急に開くよう議長に要請した。

早速9月1日委員会が開催され、所管である防災建設部に質した。
「そもそもこの検証会の目的は、防災行政無線施設整備工事の契約解除問題に関して、外部有識者により事実関係を明らかにし、もって市民利益を守ることにある。

この事案は既に議会の100条調査にかけられた。
その調査の内容はすべて公開され、大方の原因は前市長の恣意的・政治的介入による契約事務執行の破綻であり、これが市民利益を損ねる結果になったと結論付けている。
この事案で特定者の利益をまもる必然があるのか、それが市民益(公益)に優先されるべき内容、根拠なのか。
ならば特定者のプライバシーが情報公開の例外として保護されることになる。
非公開にするなら根拠を明らかにすべきである。」と疑問の理由を述べた。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。