スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何がなんやら

何とも驚き。2日衆議院で内閣不信任案が提出され、そして見事否決されてしまう。
「国家火急存亡の危機にあるこのとき、何故?」大義なき政治屋の権力闘争に茫然。

反菅勢力が揺さぶりをかける。
すかさず「震災復興に一定のめどがついたら(私のやるべき役割が果たせた段階)若い人に引き継いでもらう。」よくぞ言ったり。
なんとか一時しのぎで切り抜けたが傲慢さと無責任さは明らか。
一方では「あなたではだめだ」と言われているのに自分が見えていないと思われる。

周南市議会でも似たようなことがあったがこちらは何とかけじめをつけた。
それにつけても権力にとりつかれた人間のおぞましさを目の当たりにする。

わかってはいても菅 直人という人間の狡猾さには感心させられる。
総理大臣であり衆議院で圧倒的な数を持ちながら、なぜ思いきった政策や決断ができないのかよくわからない。

見てきたようなことを言うがたぶん党内の信頼がないのだろう。
こんなリーダーに国民は殊更空疎を覚える。

何よりも外国から見たらどう映るのか。
世界から日本は試されている。
既に死に体宣言をしたようなリーダーをまともな交渉や約束相手にはできないのではないか。

自身、震災の直接被害者ではないがこの時期、震災被害の復興に何故もたつくのか、野党案や官僚の知恵をしっかり受け入れ果断に実行できないのか、口先だけは「国民の皆さん」と言いながら誰のための政治なのか、気がもめる。

とにかく今朝は気分の悪い出来事に同い年の菅 直人に我が身を重ね心が萎えてしまいそうだ。
今更ながら「民は治者に倣い、リーダーは組織を映す」と。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。