スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れて大義名分

市議選顔ぶれ出揃う?
5月15日告示、同22日投開票の周南市議選(定数30)の立候補予定者説明会が4月4日市保健センターで開かれた。
顔ぶれは、現職23人(引退5人)、元職4人(島津、沖田、藤井、得重)、新人8人(遠藤、山本、田村孝、山本、魚永、佐々木、渡邉、蛭子)の35人で、本人や関係者が出席した。

現職の2人(清水、岸村)は欠席した。なお、新人の蛭子は資料を返却したので、出馬の意思はないとみられる。
参考までに現職引退者は 西田宏三、中津井求、立石修、吉平竜司、伴凱友の5氏である。
告示まで40日余りだが、セクハラ行為で去就を明らかにしていない議員も含め、なお流動的。
予想では35人前後になると思われる。

蛇足だが、何かと話題の島津、沖田両氏の出馬は予想通り。
彼らは、昨年来の徳山駅ビル民間活力導入図書館建設の是非を問う、「住民投票条例制定」の直接請求を求める署名活動のけん引役を陰に陽に果たした御仁。
目論見通りと言うべきか、現市議会が圧倒的反対多数(26:3)で否決したことを受けて、晴れて出馬の大義名分となった。

ついでに、二人の市議選の争点は駅ビル図書館民活導入反対、新庁舎建設費の大幅削減、そして議員報酬20%返上(島津氏の前回公約だが、寄付行為で違反になるが)となりますか。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。