スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙ぐましい迷演技

日刊新周南紙が報道しています。
興味がある方はお読みください。

2月23日付け「日刊新周南」(記事ママ)

周南市議会・住民投票条例制定案否決 新駅ビル計画がスタート
沖田、島津氏が市議選出馬へ
周南市議会臨時会の本会議は22日開かれ、新徳山駅ビル建設の中核施設としてカルチュア・コンビニエンス・クラブと連携した図書館設置計画の是非を問う住民投票条例制定を求める議案を賛成少数で否決した。これを受けてこの条例の制定を求めた同市の県オンブズマン市民会議議長の沖田秀仁氏(68)と前市議会議員、元市長の島津幸男氏(70)はこの日、5月15日告示の市議会議員選挙への立候補を表明した。

沖田氏、政治活動では?に「甘んじて受ける」 一方、元周南市議の沖田氏は市役所で記者会見し、「直接請求の権利を議会が踏みにじったのは心外」と述べ、同会議から意を同じくする人を市議選に出馬させるとしていたことについては当初は公募に応じた30代の4人を考えていたが、新人では難しいとして「代表者たる私が出て、市民に訴えてこの問題を争点化していきたい」と出馬の意志を表明した。
 同会議は島津氏の後援会事務所に事務局を置いて活動しており、同時に「協力関係にある」とする島津氏の立候補も発表した。

 署名活動などこれまでの一連の行動は「市議選のための政治活動だったのではないか」という記者の質問には、沖田氏は「甘んじて受ける」と答えた。
 島津氏は昨年4月の市長選に挑んで敗れた際、選挙への立候補を最後にする考えを示していたが、19日に同委員会で条例制定案が否決されたのを受け、沖田さんから説得されて今回の出馬を決めたと話している。
 住民投票条例については「民意をもう一度聞いていきたい」として当選後に議員提案をするかどうかは情勢を見て考えたいとしながら、市が新駅ビルで年間100万人の来場を目指すとしていることから「3年目に50万人を切るようなことがあったら市長、議員への住民代表訴訟も考えている」と述べた。
 また「(仮称)「周南政経塾」を作って公募に応じた4人などを3月から指導、4年後の市議選に立候補できる人材を育成する考えも示した。

島津さん「このまちを良くしたい。」と言っていますね。傍観を決め込みながら、次なる手段は住民訴訟ですか。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。