スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民監査請求その後-1

覚えていますか?住民監査請求が提出されたことを。
住民投票条例制定を求めて署名活動真っ最中の12月14日のことです。
提出者は沖田秀仁氏。彼は「県オンブズマン市民会議」の代表者であり、今回の署名活動の中心的な役割を果たしている人物です。

監査請求の内容は、現在市が進めている「新徳山駅ビルに民間活力導入図書館を整備」するための基礎データーとなる「市民アンケートの調査報告」に要した業務委託費、数百万円の支出が違法または不当であり、これが市民に損害を与えたということで、市長である木村健一郎氏に「全額返還を求めるよう勧告してくれ」と言うものです。

このことで、監査委員会は12月24日「地方自治法第242条に定める請求の要件を欠いて不適法であり、これを受理せず却下する」ことに決定しています。

では、なぜこのような住民監査請求が提出されたのか、沖田氏の言い分から掻い摘んで2つ問題点がありますので指摘してみます。

先ず一連の経緯を簡単に示します。彼は、件のアンケート調査報告を市のホームページで公開を知ったのは平成27年3月だと言うことです。そこで彼は同年10月26日、市情報公開条例に基づいて「市がカルチュアーコンビニエンスクラブ㈱(以下CCC㈱と言う)と、㈱マクロミルに委託して、平成25年11月に実施したアンケート調査に関し、市のホームページに掲載された結果報告書の基になったデーターを開示して欲しい」と請求したのです。
そこで市は、12月9日に報告書のコピーを開示しました。

ここで了解していればほめられたのに、なんと彼は「これでは市が支払った業務委託費数百万円が適正であるかどうか、市民が判断できない。適正かどうか判断できない以上この公金の支出は違法または不当な支出と言わざるを得ない。不当支出のアンケート結果をもとに進められている新徳山駅ビル計画は認められない。市民が受けた損害額を市長に返還させよ」と理由をつけ、住民監査請求に及んだのです。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。