スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村市長2期目就任にあたり所信表明質疑その-4

問 「市民の安心・安全の確保」から、議会はこの6月「地域医療を守るための条例」を制定した。これからどうあるべきか。

答 「地域医療を絶対に守りたい」と言う私の思いと議会の思いが一致した。
条例にある行政としての役割をしっかり果たしてゆく。

 高齢者の見回り相談体制の拡充についは、福祉総合相談室、もやいネットセンターを再編するとある。また、総合的な福祉相談窓口を設置するともある。
基本的な考え方を問う。

 福祉の様々な相談者の最初の窓口をワンストップで対応する。
そしてそれぞれの専門家に繋げてゆくこと。
これまでのもやいネットセンターの機能を継承しつつ、高齢者、障害者、子ども、生活困窮者などに対象を拡大し、来年1月に設置を考えている。

問 「まちの活力創造」から、
徳山駅とその周辺整備が成った時、次のステップとして、周南市全体から見て、地域核である既存のJR駅周辺に対して、多様な取り組みが必要と考えるが見解を問う。

 まちづくりには公共交通が果たす役割が大きい。
市内にあるJR各駅を中心に核づくりを行っていく。駅はそれぞれの地域、町の中心であると考えている。 

 周南コンビナートは周南市にとって富の創造の源である。
今後も基幹産業の持続的な存在のため、着実な取り組みが望まれる。市長の決意はいかがか。

 本市の港は最大の財産。
世界をリードするコンビナート企業の国際競争力強化は日本国にとっても極めて重要。
今なすべきは徳山地区-18m、新南陽地区-14mの岸壁、石炭、バルクヤード等の埠頭用地整備の確実な実行である。
徳山下松港、宇部港における一括大量輸送に不可欠となる、超大型石炭運搬に対応できる港の整備に向けて、積極的重点的に国、県に要望活動を行っていく。

問 現在策定中の地域づくり推進計画に基づいて、
頑張る地域や団体を応援する制度の創設、とあるがどうか。

 頑張っている地域、団体を高く評価して、応援していくと言うこと。
今よりもっと向上して行こうとする気持ちや、問題解決へ向けて能力を引き出すことで、自主性、主体性の向上につなげるもの。
現在策定中の「地域づくり推進計画」の中で制度等示したい。

 地域が抱える課題に対して、公民館主事や支所職員だけでなく、市域に寄り添い支援できる職員の育成とあるが、そのイメージは何か。

 それぞれの担当職員が自分の領域に固執する傾向がある。
市民のため、どの課の仕事も自分が受ける。こういう職員を育ててゆきたい。
このため、今年コミュニティ推進課と中山間地域振興課を統合して、地域づくり推進課をつくった。

これは地域の自主性を活かしながら、部局を超へて地域とともに問題解決に対応する「共に」、
協働の仕組みづくりをしてゆきたい。
現在、職員のスキルアップを図るため、2年前から全職員を対象に全庁的に研修をしている。


プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。