スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきれて怒る気も失せる-1

新周南新聞 一言進言のコラムから
「何が言いたいのかさっぱり分かん。」このたびの政治倫理条例の改正が気に入らないようだ。
読者に愚かがうつってはいけないので、あえて指摘しておきたい。

まずは3月16日掲載分 黒字は記事のまま、 赤字は私見
市議立候補への制限にならないか? ~道の駅に市議は納品不可案~

■ 国会議員は補助金をもらっている企業からの献金は駄目だ。問題になって連日、新聞紙上をにぎわせている。日本の多くの企業が何らかの補助金、助成金をもらっている。このあたりでも、大なり小なり補助金、助成金を受けている。新商品開発には欠かせない。そもそも政党助成金支給を決めた時、企業献金を止めるのが大きな目的だった。自分たちには甘い、国民には厳しい国会らしい、象徴的な現象だ。

■ そもそも政治倫理の欠如を嘆く国民の気持ちをくんで、政治倫理条例などが生まれてきた。いまだに国会では次々と問題が発覚、ますます政治家への不信を生んでいる。県や市など多くの地方自治体でも政治倫理条例が制定されている。30年前ごろは、下松市などはボス政治が真っ盛りで、県も有力者たちがごろごろいて、何とも時代を感じさせる政治が当たり前だった。

■ 最近はかなり厳しくなり、表立って権力を使った政治も難しくなった。そんな中、政治倫理条例を制定している周南市では道の駅で委託販売している市議会議員が一般質問で手数料に触れたことで、指定管理者に管理委託された施設への納品まで、政治倫理の網にかけようと改正案が話し合われ、全会派の一致で提案されるという。最近ほとんどの市町村で、受注する業者は市議などが経営に携われないという。建設業などで談合が当たり前の時代、確かに有力市議たちが直接、受注に発言力を持っていた。日本がまだ勇ましい時代の現象だった。

全体的には竜頭蛇尾。
〇「表立って」「権力」語義不明。
〇「受注する業者は市議などが経営に関われないという。」事業を経営する市議の立場からの発言?
〇「日本がまだ勇ましい時代の減少」? 意味不明、意図不明。


■ 道の駅も、まちのポートもそうだが、受注産業とは形態が全く違う。商品を置いてもらうが、売り上げは消費者次第だ。しかも通常2割の手数料を取られるから、売れ残ると大変だ。今回の改正への動きはカステラを作って委託販売を頼んでいる市議が手数料を少なく、と発言したのが発端で、政治倫理条例適用範囲を指定管理の業者まで、とりあえず道の駅にも適用しようというものだ。しかし問題も大きい。

〇「受注産業」(?)とは「形態」(?)が違う???
 業種の違いでは?
すべからく、私企業の活動にあっては、需要と供給。
 商業も建設業等も変わらず。
 「売り上げは消費者すなわち需要との相関関係で決まる。すなわち提供する材・サービスの力量つまり商品力が要。
 商品力とはその質と応分の価格等々を含めた総合的市場競争力の優劣としても解しうる。
 このことは、業種の違いには無関係、すべての生業に共通すること。


■ 市議への立候補者抑制につながる可能性もある。畑で作った野菜を納めている人、家業でクッキーなどを作っている人、醤油屋、酒屋などはもってのほか、手づくりコーナーがあるが、趣味で袋物などを作っている人も市議選の立候補に制限がかかる。道の駅は議員としての圧力で棚に商品を置かせたとしても、売れないと何の利益も駅にも業者にも入らない仕組みだ。これだけ売り上げがすごいと市が豪語するなら、生産者のため多少は手数料を下げてくれと発言するのが利益誘導なのか。手数料が下がれば販売価格も下げられる。

〇「市議への立候補抑制につながる可能性もある」とは、
 一つに論理の飛躍あり、二つには市議や県議等々の公職にある人が遵守すべき倫理があり、それを条例化したものが「政治倫理条例」。この論は条例の精神を否定するもの
〇生業から趣味まで論理が大飛躍。風が吹けば桶屋が儲かる的なレベル。
 趣味で手作りコーナーに品物を置く人はあくまでも趣味レベルでの行為であり、生業ではない。それ故趣味。
〇政治に関わる公的立場にある人は、李下に冠を正さず。
〇生産者のために手数料を下げろ、販売価格を下げろ、等々の発言は重要な観点
すなわち道の駅建設や経営等の投資やランニングコストは不特定多数から頂戴した税金を使っている。その資本回収は、コストの補填は誰が?
彼らが払う手数料は、税金を使わせていただいている不特定多数の市民に対する義務であろう。
この観点が抜け落ちている。
 

■ 政治倫理の本質は政治家の権力を使って、職員などに無理強いすることを防ぐことにある。論議する時期も悪い。市長選がらみと勘ぐる人もいる。要再考ではないか。(中島 進)

〇「政治倫理」の本質とは???「政治倫理条例」の間違いでは??
〇「職員などに無理強いすることを防ぐこと」が???
 倫理条例の無理解、認識不足を露呈
〇議会での論議が誰に遠慮しなければならないのか、意味不明。
○自由闊達に市民の最大多数の最大幸福を目指し、市民を代表してその職務に当たるのが市議の勤め。
○その行動すべからく市議一人ひとりの責務。一部の顔色を覗うような下劣な姿勢や行動は、「ノブレスオブリージュ」にも反する。
○「ノブレス・オブリージュ」の反映こそ政治倫理条例の精神である.

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。