スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成27年度予算に期待する-1

我が国が直面する少子化、超高齢化、人口減少社会は周南市も同様避けることができません。
昨年11月、国は「まち、ひと、しごと創生法」を制定し、2060年度を目途に1億人程度の人口確保を目指す「長期ビジョン」と「総合戦略」を策定しました。

本市も、この法に基づき人口の現状分析及び将来展望を示す人口ビジョンや、将来人口の維持に向けた今後5カ年間の取り組むべき方向を示す人口ビジョンや地方版総合戦略の策定が求められており、「周南市・まち・ひと・しごと創生推進本部」を設置、そのスタートの年となるわけです。

これが、本市の10カ年間の政策体系である「第2次まちづくり総合計画」に即応して、活力のある周南市実現を図ろうとするものですが、とりわけ平成27年度当初予算は、これまでの木村市政が取り組んできた市民サービスをさらに確かなものにしてゆくための本格予算であろうかと認識するものです。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。