スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚かなりその2 クロガネモチと難波大助

彼が平成26年12月9日に一般質問した。
「クロガネモチを現在の地に残せと」
そこで彼(島津幸男議員)は一体、何が言いたかったのか、私なりに考察したい。

ストーリの組み立ては
徳山藩難波家とクロガネモチ、難波大助とその兄、兄と三菱(三菱東京UFJ銀行)、
やがて来る周南市の衰退、そこに救世主たるクロガネモチ。
だから、この木を伐るな。

はじめに「庁舎建設反対ありき」からストーリーは展開する。
庁舎建設を予定する場所にはクロガネモチが立っている。
そのクロガネモチは旧徳山藩難波家にあり、これは御神木であると仕立て上げる。
そして、この御神木が周南の歴史、文化、伝統を知る木である。

根拠は不明だが、やがてこれから、周南の衰退が起こる。
その時、このクロガネモチが周南の救いの基になる。
とストーリーを捏造する。と、言っては言い過ぎか。
彼は、何処のかは言わないが、墓守のおばあさん(94歳)から聞いた話だと言うことだから。

それではなぜクロガネモチが救いの基になるのか。
それは「かつて徳山藩難波家のクロガネモチの木の下で難波大助とその兄が暮らしたのだ。」
ここで難波大助とその兄が周南出身であり、クロガネモチと所縁の人だとこじつける。

ちなみに、当時の裁判記録(大正12年12月27日、13年2月16日)から、
難波大助は熊毛郡周防村宮河内257番地、本籍は同所、出生地は同所とある。同村の高等小学校に通う。
徳山中学に4年まで在籍(入学当初から2カ月は汽車通学、後は寄宿舎)兄は山口中学である。
お気づきでしょう。徳山難波家の生まれなら徳山中学とは指呼の先、汽車通学も、寄宿舎も無用なはずです。

ここからがすさまじい。
この、難波大助は虎の門事件を起こした極左テロリストであるが、その兄は三菱の恩人である。
そこで「これから起こる周南の企業の撤退、業績の悪化により、いま居る都市銀行(三菱東京UFJ)は撤退を考える。
逃げられたら周南は壊滅する。もし逃げようとしたら、三菱の恩人難波大助の兄(周南出身)の話を持って行け。」

見事に周南(徳山藩難波家)と難波大助の兄、その兄と三菱(三菱東京UFJ銀行)のかかわりを組み立てる。
そして、こう説く「われわれは、歴史・文化・伝統を思う時、このまちに居る幸せ、先人の努力を強く思う。
こうした観点でクロガネモチを残すべきである。」
と。

如何ですか。これほどまでに新庁舎建設を妨げるため、クロガネモチを残すことを正当化する。
そのために史実を捻じ曲げ、難波大助とその兄を周南の出身であると強引に結び付ける。
と、言う荒唐無稽なストーリーを捏造する。まさに愚劣な虚言であることがお分りでしょう。

ついでに、このクロガネモチは徳山市の戦災復興を記念する代々木公園へ移植することになっている。
断っておくが、彼は何故現在地に保存せよと主張するのか。
全国どこでも、土地は公共財である。公共の福祉を優先するためには埋蔵文化財しかり、歴史的建造物は移設保存している。

此処からは蛇足、。断っておくがあくまでも一般論である。
我々の身近に次のような人間はいないだろうか。
その人間の持つ優越感は劣等感の裏返しである。
もちろん、その人間の優越感はどこでも通用する代物でもなく、
「自分」を持たない他動的人間たちの世界でのみである。
そこで、その人間はどういう人間として相対するか、ということを明確にしておく必要がある。

まず、
◎羞恥心に乏しい。
◎平然と嘘がつける。
◎詭弁を弄することに長けている。
◎罪の意識が欠如。
◎法的に責任回避できれば、いかなることも可。
◎閉じられた密室空間が好き。
◎断じて他人は信じない。
◎すべからく利己的利用の対象。
◎裏の世界に足を突っ込み顔だけ表の世界にさらしている。
◎己の魔力が通用する相手以外はすべからく敵。
◎俗物の支配する世界こそ自分の生きられる世界と承知。

と、まあこんなところだが、私は寡聞にして知らないし、出会ったことはない。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。