スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケートの顛末

何んとしたことか、私の駄文が「huffingtonpost」に引き出されてしまった。
誤解されるのも愚かしいので、少し手直しをする。

過日会派会議をもち、件のアンケートは「答うるに能わずとする」ことにした。
以下、そのわけを含め少々言い分をお聞きいただきたい。

先ずはご立腹を承知で申し上げるなら、そもそも「山口県オンブズマン市民会議」なるものが存在するのか。
あたかも山口県下を網羅するかのように装ってはいるが、全く実態が見えず、胡散臭さ紛々である。

さてさて、彼らは現行の「新徳山駅ビル民間活力導入図書館整備計画」に対して、住民投票までして何を訴えたいのか。
この計画はすでに平成25年5月に素案が提示され、そして同年11月には計画が策定され市民にも公表されている。
(蛇足だが、かの団体と称するアドバイザーには、当時議員であった元市長も議席を占め、議論に加わり賛意を示している。)

その後、同年11月18日にはCCCと連携して今日まで具体策を作り上げてきたわけだ。
当然、議会にもその都度報告され、しっかり議論を重ねながら進められてきた。
だから、昨日今日聞いた話でもなければ説明責任が果たされていないと、声高に叫ぶことでもない。。

それがなぜ2年近くも経過した昨年10月まで沈黙を守ってきたのか、唐突とも思える「住民投票にかけよう」と言うことなったのか。
唯一、手にした住民投票に必要な条例制定の請求趣旨から読み取とうとしても、良く分からない。

さらには、ひたすら一部マスコミを使ったプロパガンダには熱心だが、未だ、かの団体から議員らには全く説明もなし、問い合わせもなし、と言う実状なのだから困ったもの。

そのうえ条例案も上程されていない段階で、アンケートを一方的に送りつけ、(条例案の)賛否を問うと言うのだから、一体何を答えろと言うのか、非常識も極まれりだ。大概にしてほしい。
そして念の入ったことに「アンケートで条例制定に反対した議員には賛成するよう・・」説得を試みるとは、どういう料簡なのか。

ことほど左様に、住民投票条例制定の直接請求を求めるための署名活動からして、今時点に至るも皆目理解できないのだ。
「独りよがりもええころにしてはどうか。」

それはそうと、報道によれば既に条例制定を求める直接請求に必要な有効署名数も大幅にクリアーしているというではないか。
さっさと本請求すれば、法によって市長は議会に上程することになるのだから、こんなやちもないことをせんでも、早く楽になろうと言うものだ。

いかがか。「真面目に受け答えをするようなことか、取り合うことでもなかろう」と言うことがおわかりだろう。
熱心さは認めるが、困った方々ではある。
スポンサーサイト

滑稽ですね

「県オンブズマン市民会議」から送りつけられたアンケートにコメントするつもりはないが、ちょっとだけ言わしてもらいます。

まず、この種のアンケートなるものに市議会議員が回答する必要は一切ないと言うことを指摘しておきます。
下手に対応すると悪しき前例を作ることになるでしょう。 
つまり無視しておけばいいだけの話。

何んとなれば現時点で、住民投票条例制定の直接請求が可能な条件が整っているわけです。
議案が議会に付議されればその時きちんと判断をすればよいことですから、何おか言わんやでしょう。
 
「アンケート結果は複写して市民と報道機関に無償配布します。」だと!
要は、アンケートという衣を被った脅しであり、揺さぶりということですね。
ここは一切相手にしないことが最良と思われます。

彼らが、市議に対していかなるテーマであれ、この種のアンケートを行う公的正当性は皆無。
あくまでも、個人的私的行為に過ぎないと言うことです。
それに対して一々対応してしまったら、大変なことになるでしょう。
例えば「アレに対しては回答したのに、なぜこれには対応できないのか」なんて言われかねませんよね。

マスコミによるアンケートに対しても、無回答がありますが、問題にはなりません。

今回の問題は、あくまでも私的な個人や団体によるアンケート調査なるものですから、議員として公的に対応する必要は一切なく、またすべきではないと言うこと。
仮に対応するとすれば、あくまでも公的な議員という立場ではなく、個人的私的な対応に過ぎないものだと言うべきでしょう。

悪しからず。


アンケートが届きました。

本日夕刻帰宅したら郵送されていました。差出人は山口県オンブズマン市民会議です。

消印は徳山28 1.11 18-24 ですから既に用意されていたものでしょう。
そして、署名数も選管発表とは異なり、事実を伝えていません。
聞けば住民投票条例案に反対の議員にはしっかり翻意を促すとのこと。
どこまでお気楽なのやら・・・。
内容は原文ままですが、罫線が入る部分は赤字としました。

周南市議会議員 各位
「新徳山駅ビル建設の中核施設にCCCと連携した図書館設置計画の是非を問う住民投票条例案」に対するアンケート調査のお願い
               記
新春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
既にご存じのように住民投票の直接請求署名運動に9,133筆の署名が寄せられました。
この直接請求権(地方自治法74条)は住民直接民主主義を保障するもので、
署名に込められた「市民の意思」を市民より選ばれた議員の方々も重く受け止められていることと存じます。
この結果を勘案されて住民投票条例の議決に真摯に取り組んで頂きたく、お忙しい中大変恐縮ですがご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
   1,締め切り;1月22日(金曜日)
   2,返送;返信封筒でご返送して下さい。
   3,備考;アンケート結果は複写して市民と報道機関に無償配布します。

  ご氏名                   ご連絡先
 
  標題の住民投票条例案に、
       賛成
       反対
  (賛成・反対の欄に○を記入してください)
 
  (上欄に記した賛否の理由を記入してください)


ご協力を賜り大変ありがとう御座います。益々のご活躍をご祈念申し上げます。
  平成28年1月12日                            
 山口県オンブズマン市民会議                                                                                            〒745-0861 山口県周南市新地2丁目120
                               電話0834-22-3855

住民投票(を目指す)第二ステージへ

本日、 署名簿の審査が終了しました。関係者の皆さんには年末年始にかけてお疲れさまでした。
その結果は次の通りです。
1 署名し押印した者の総数 9,133人
2 有効署名の総数 8,737
無効になった約400には外国人、未成年、他住者、重複記載、無捺印、生年間違い等々。
 
これから平成28年1月12日(火)から18日(月)の間、署名簿を関係人の縦覧に供します。
署名に関し異議がある人は、縦覧期間中に異議の申出をすることができます。
市選挙管理委員会は、異議の申出を受けたときは、その日から14日以内(起算は翌日)にこれを決定し、修正、通知などの措置をします。

すべてが決定したら、署名簿を請求代表者へ返付後5日以内(起算は翌日)に、市長に対して条例制定請求をします。
市長は、請求を受理した日から20日以内(起算は翌日)に議会を招集し、請求された当該条例案をそのまま、そして意見をつけて議会に附議します。

そして、議会は附議された住民投票条例制定議案を審査し、可否を決定します。
これが、これからの取り扱いの流れです。
最長で2月中旬までには結果が出ると思います。
結果次第では住民投票が市議選の前に行われることになります。
そうすると約5000万円位(概算)費用がかかると言うことです。

なぜか請求代表者の沖田氏は「条例制定議案はどうでも3月定例会で取り扱ってほしい。
そして住民投票は市議選と同日で」と熱望しているそうですが、まあこれは叶わぬことでしょう。

ところで、請求代表者は、明日から議員全員にアンケートを郵送し「住民投票条例制定」に賛成か、反対か、その理由を問う。と言うことです。真偽は定かではないが・・。
そして結果をマスコミに書かせて5月の市議選の参考に供すると言うらしいのです。
こんなことをしたら何のための条例制定請求なのか、せっかく寒空に気合を入れて署名活動までしたのだから。
小賢しいことをしないほうがよさそうだが・・。

聞けば、彼の請求代表者は市が1月30日開催の「新徳山駅ビルシンポジュウム」のパネリストに加えてほしいと要望しているとか、さらには議員とも意見交換がしたいとか。
今更何を・・「どうぞお好きにしたら」

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。