スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいデビュー

やっぱり想定通りになりました。
本日議会が終了したのは7日午前2時でした。
なぜ遅くまで?と思われるでしょう。

一般質問をする島津議員の不穏当発言に私がクレームをつけたからです。
そして、中村富美子議員も別の発言に。
また執行部から「島津議員の発言には事実誤認があるから正しておきたい」と発言申し出がありました。

島津議員の不穏当発言のあらましはつぎのとおり。
昨年12月議会に上程された「防災無線施設整備工事の和解等をすることについて」という議案に対して、議会はこれを可決しました。
ところが、彼は「木村市長が上程した和解議案は間違いだ。これを可決した議会は騙されている」と発言したのです。

この事件は、前市長であった島津議員の加重要求で工事が頓挫、最終的には市側、業者側双方で契約解除を提出しあうという異常状態を引きづっていたものです。

和解の理由は、昨年議会側の要望決議で設置した「市内部、外部の両検証会」の結果報告は双方に責任があるとしている。そこで、訴えの提起をしないで和解することにし、これまでの異常状態を解消することで何よりも早期に、防災システムの構築に着手できる状況を整えることが必要である、と判断した。」という説明でした。

ところが島津議員は「私が山口県に問い合わせたら、契約解除に伴う保証金(約5,000万円)を受け取れる、という回答を得ている。
前市長だった自分には一切法的責任はないと結論が出ている。
これをあたかも市側にも責任があると決めつけ、和解に持ち込んだことで本当は受け取れるはずの補償金を放棄したのだ。
この5000万円余りの保証金は本来市民が受け取るべき利益である。
議会だって騙されているんだ。」と大筋こんな発言趣旨です。

休憩に入り議会運営委員会では、島津議員の「議会も騙された」とする発言の事実確認をするが、何ら根拠も示さず、議員側も「騙されたとは思っていない」と否定発言をします。
時間ばかりが経過するため、議長と島津議員で収拾策を話合い「発言取り消しと陳謝をする」という申し出がありました。

私は、これを良しとせず「何を言っても取り消しと陳謝で済むのか、明らかな議会侮辱発言であり、懲罰が必要である」と発議しました。

手続きを踏み、本会議で「島津幸男議員の侮辱発言に対する懲罰特別委員会」を設置することに決まりました。
時刻は既に翌日の午前1時を過ぎていました。

兎に角「すいません」とも言わない。発言の根拠も示せない。
延々10時間、30人の議員、事務局職員、市長以下執行部職員、総数はおそらく100人近くはなろう人間を引っ張っても意に介しないようです。
あえて言うなら、島津議員は議会における自分の立ち位置というか、状況が分かっていないのではないかと思われます。

これまでは市長という立場で議会と相対していたわけだが、今度は単なる一議員であり、その権能との落差に気づかないのかもわかりません。
経験や知見が豊富な議員や、強い執行権能を持つ市長と敵対しつつ、身勝手、我田引水の強弁、詭弁がまかり通る、と思っているなら困ったものです。



スポンサーサイト

暗愚?

こんなブログを見つけた。他人の物を頂いてはいけないと思いながら、あまりにもよく似ている人物が近くに居るからつい紹介したくなった。
これは5日、国会福島第一原発事故調査委員会の調査報告書が発表されたことをうけ、書かれたものでしょう。

以下引用

菅直人。。。。。。
彼のやり方といえば、権力批判一辺倒であった。
市民運動からはじめて政治家となり、国会議員となり、首相になった。
権力批判を得意としていた人間が、いよいよ自身が、最高権力の座(=もはや批判する権力が無いポジション)に就くとどうなるか?

それをとてもわかりやすく教えてくれたのは、皮肉にもその菅氏自身であった。

自身の戦略戦術のミスを部下や他人になすりつけ、自分の権力は守るというものである。
もっともこれは菅氏だけの専売特許ではなく、旧ソ連、中共、日本の社会主義者、政治以外では、三流企業の上層部もおなじである。

これは、人間の病理でもあるのだろう。
だから、このことでは、菅氏だけがそうだと責めることはしないが、権力批判の急先鋒だった菅氏が、権力を握った途端に、自分より立場の弱い人間に、責任を転嫁し、場合によっては迫害や弾圧とも思えるような行動に出たことは、皮肉であるとしか言いようがない。

人間は弱い。貧すれば鈍すではないけれど、追い詰められれば、そうなる人は多いし、これを書いている自分もあまり自信がない。


という内容だが、まさに然りしかり。
私も似たようなもの。
自分自身がわかっていないのだから。

因果応報

2日、防府市議会がとうとう決着をつける。
2年前の市長選で松浦市長が議員定数半減(13人)と自分の給料半減、退職金廃止を公約に掲げて再選をした。

民意は得られたとばかり,議員定数を13人にする議案を提出したが、議会の猛反発を受け敢え無く潰える。ならば、と市民団体が「17人にしろ」と直接請求したけどこれも議会は否決、それから、23だ24だ25だと喧しかったが、いよいよ11月に改選が迫る。

今度はどうにか決着がついた。
現行定数を2減の25人にすることになった。
そしておまけがついた。
市長の退職金を大幅減額するというものだ。

その計算根拠は一般職員が10年以内で退職する場合と同じ算定方式に改めるというもの。
何んと、80%カットだからすさまじい。
市長の任期は一期4年だから筋論と言えば筋論、ちなみに現行の市長退職金は2188、8万円。
これが高いか安いか、誰が決める。

松浦市長は「一方的な削減は常軌を逸している。報酬等審議会に掛けるべきだ」と、いまさらそれはないだろうよ。
「市民目線だ」とか言いながら、耳に心地よい公約をばら撒くからこんなことになるのだろう。

昔から「人の懐をあれこれ言うのはさもしいことだ」と教えられてきたが、何処にも似たようなのがいる。公約だからと言って給料を半分にする、と気張るのが・・。
ちなみに彼の市長は退職金2800万円余、月額にならすと約60万円積み上げることになるけど、どう?

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。