スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳情にちょっと待って

昨日の議会で「(仮称)学び交流プラザにおける図書館設置に関する陳情書」が上程されました。
私は本会議でこの陳情書が委員会に付託される前に議事進行発言を求め、この陳情書の内容確認をしてほしいと要望しました。
その理由は以下の通りです。

陳情書には5435人の署名簿が添えられています。
陳情の代表である山本邦子氏はこの署名者数を根拠に「絶対無視してはならない市民の声だ」と陳情の正当性を強く主張しているわけです。

しかし、良く読むと署名を求める(集める)ために用いた趣意内容(要請項目)と、陳情書にある陳情項目の内容が異なっています。
端的にいえば白い看板で署名を求めて、当局に陳情するときには白みがかった鼠色の看板に掛け替えて提出されたということになります。
はたして「署名者(5435人)の意思を正確に伝える陳情である」と受け止めるには少々疑義がある、ということです。

議会運営委員会で協議をしました。
結論は提出者(山本邦子氏、彼女は署名を集めた当事者です)に事実確認を求め、再度取り扱いを協議しようと言うことで、議長預かりとなりました。

協議の席で委員外委員(正式な議会運営委員会の委員ではないため、会議に諮って質問の許可を得る必要がある議員)の島津幸男氏が発言を求め、「陳情者は市民であり、いわば素人。陳情の趣旨がわかっているのだから柔軟に」と言いました。

しかし、事実が明らかになった以上素人だから相応にしてはどうか、と言うわけにはいきません。
そもそも、5435人の署名者は同一の陳情意思であるということが、陳情の正当性と重要度の根拠になっています。
ひょっとして署名者の中からこの事実を知った時「私は署名を求める時の趣意と異なる陳情内容で了解したわけではない。」と、異議が出るかもわかりません。ここは可能な限り正確をきすことでしょう。

敢えて言えば、代議制で成る市議会は、直接市民から請願や陳情が提出された時、これを慎重に取り扱い、いかに市民意思を判断するか、が求められる責任です。
いづれにしても、一部の図書館を利用する既得権団体が、日常的に図書館を利用する、しないを問わず不特定多数の市民を引き込んで行政に不服を申し立てる構図です。

一見、市民参画を装っているようですが、どうもしっくりきません。
まだまだこれからどう展開するか、議会は冷静に対応しなければなりません。
さして目くじらを立てるまでもありませんが、この陳情書を審査する委員会の委員長は本人、妻、長男、嫁、孫2人(幼児)とともに署名者に加わっていますが・・。
スポンサーサイト

これから正念場

22日、「西部道の駅の方針変更」を説明するため、全員協議会が開かれる。
この計画は、島津市長時代に当初計画を作り、必要以上の用地買収を企て、国土交通省の「パーキング計画と一体的に道の駅をつくるのだ」と外向けにはなかなか合理的な計画に見せかけていたが、やはり大きな落とし穴があった。
地権者の頭越しに、いわば他人の土地を勝手に計画の中に組み込み、地権者の怒りを買ってしまったのだ。

そもそも、はじめに土地ありき(パチンコ店跡地)から、かの地に道の駅建設計画が打ち上げられたもの。
その後、国土交通省のパーキング計画と、付属する施設として道の駅を一体的に整備する体裁が出来た。

当初から用地の取得に不安要素を抱えながら、超相場越え(国土交通省の国道拡幅用地の買収価格にあわせた約10万円/坪)の値段を示して用地買収にかかったのである。
この用地買収業務には、当初市側が受け持っていたが、昨年3月末時点で断念、その後、国土交通省と市で買収にあたってきた。

結局、今年3月末で「買収は困難」と判断するも、これからどう方針変更をするか、特にこの買収不能の用地はパーキング、道の駅施設の入口、出口にあたる部分、いわば喉首であり、位置も施設の一番東の端で、レイアウトとしてはベストである。

買収不能と言えども、国も市もパーキング、道の駅計画を断念するわけにはいかない。
そこで、市側、国土交通省側双方で協議をし、ようやく今年6月13日、当初計画を変更する方向で合意した。

肝心の出入り口は西(用地の中央付近)に150mあまり移動させ、買収不能で不足する国土交通省側のパーキング用地は、市側が必要以上に買い込んでいた土地(4,400㎡)を振り替えることとし、再度全体計画を見なおし、平成26年春の供用開始を目指すことにしたわけである。

本日の報告を聞きながら、前市長の過大な計画のつけを払わされる現執行部には、誠にお気の毒なかぎり。
早速、島津議員は食いつく。いわく「用地買収にどれだけ努力をしたのか、国のせいにしちゃいけない、責任逃れだ。入口が西に寄ることで、消防署の緊急出動に支障をきたすのではないか。もし事故があったら市の責任だ」と。

そこまで言うなら「問題の土地の地主はなんて言ってる。市長が代わったから買収が困難になったの?」そこをはっきり確認して欲しい。
聞いていて「何を得手勝手なことを言いよる。そもそも自分が大風呂敷を広げ、一部の地元住民を狂喜させるも“過大な施設じゃないのか!”」と市民の批判を受け、市長選の争点にもなった挙句に本人は敗れたんじゃなかったのか。

島津議員には大人の度量を示すことであろう。
いたずらに執行部を非難するのではなく、これまで道の駅計画を推進した当事者として、何処に困難があるのか、みずから積極的に問題点を明らかにすることである。
そして、目論見通り完成させるためにも、真摯に協力すべきであろう。

かりそめにもサーバントリーダーであったご仁、3年先のリベンジを目指しているならいわずもがな。
身勝手な発言に少々辟易しつつも、計画変更の詳細はこれから順次明らかになってゆくことだろう。
さてさてどう展開するのか、目が離せない。

こんなもんでしょう

6月22日改選後の初議会が開かれた。
本日は議会人事である。
正・副議長や監査委員、さらに常任委員会等の正副委員長の選任である。
周南市議会では正・副議長選挙は推薦立候補制をとっている。

まず議長に米沢痴達、吉平龍司の二人が立候補する。
投票の結果は米沢21票(顕政会6人、参輝会4人、周南会4人、新誠会5人、アクティブ2人),吉平5票(公明党4人、島津)中村富美子1票(共産党1人)、無効3票(白票:刷新クラブ3人)

次に副議長には西田宏三、金井光男の二人が立候補する。
投票の結果は西田17票(顕政会6人、参輝会4人、周南会4人、アクティブ2人、島津),金井9票(公明党4人、新誠会5人)無効4票(白票:共産党1人、刷新クラブ3人)
大方こんなところだろうか?

さて、選挙の厳しさはいつものことだが、当人はもちろん、取り巻く支援者にとってこれほど詮ないものはないだろう。
候補者の良しあしがまともにのしかかってくるわけだから。

ところが当選してしまえば肝心の懸命に応援してくれた身内や同志の熱心はどこえやら。
早速、議会人事(ポスト)を巡って熾烈な数合わせの議会村駆け引きが始まる。
これだけは国も地方も感心するほどの相似形。

とはいうものの、首尾よくポストを射止めたからにはこれから1年間、市民のためにしっかり働いていただきたいもの。
特に今回は、前市長という大物新人が加わったのだからなおさら骨を折らなければ・・。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。