スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前途はけわし

「さっそく公約を破ったじゃないか」木村新市長の所信表明をCATVで見た市民が私に噛みついた。
徳山駅周辺整備の見直しを掲げ、市民に信を問う先の市長選挙であったからいきなり「これは無理です」と言われたんじゃ「どうなっとる」と言いたくなるわけだ。

今回問題になっている総額68億円(そのうち約65.5億円が市側の負担)の徳山駅周辺整備事業とは今年1月6日に徳山駅南北自由通路整備及び徳山駅橋上化工事を西日本旅客鉄道株式会社に委託する工事協定を締結したもので、期間は平成22年度か26年度までの整備計画である。

島津元市長が「木村君ではできないよ」つまり、駅ビルの建て替えは徳山駅周辺整備事業としてJR西日本との契約の中に組み入れてあり、今更見直しは困難なのだということを示唆していたわけである。

以下に3月10日の徳山駅周辺整備対策特別委員会での担当課長の説明を抜粋する.
「JRはことしの夏ごろ現場に着手し、平成24年度に本体工事に着手する予定で進めるが、平成23年度は引き続き南北自由通路等の実施設計を進めるとともに、本体工事に着手するため準備工事を行う。具体的には、工事ヤードを確保するための軌道撤去工事や支障設備の撤去、線路上空を施工するための電線の移設など。
そのほか、ホームの上の支障設備の移設・撤去、列車の停止位置の変更とそれに伴うホームのかさ上げなど。

市は引き続き南口駅前広場の実施設計及び用地測量、駅ビル等の調査を進めるとともに、新駅ビルや駐車場・駐輪場について検討を行う。
また、事業を円滑に進めるため、関係機関、商店街、地元自治会や関係地権者への事業説明を行っていく。
 
事業は実施段階に入りましたが、年度ごとにJRと協定を結び工事を進めていく。
市としては、工事内容・工程等を十分把握し、工事管理を行いながら年度協定を締結したいと考えている。
また、引き続き事業費の縮減、透明性の確保について努力してゆきたいと考えておる。」
ということである。

しかし、この工事契約期間(22~26年度)では平成26年度分の工事が約10億円残ることになっており、当然合併特例債は充当期間が切れてしまっているので財源の確保は一般公共事業債に頼ることになる。
これが事実であるが、「もっと少ない予算で次世代型の緑豊かな中心市街地の実現を」と意気込む木村新市長の手腕を問われる場面は、さらにその後に続く27年度以降にかかる駅ビルの建て替え、南北駅前広場の整備等になお多くの課題が待ち構えており、予断を許さない。

これは余談だが
そもそもJR西日本の真の狙いは徳山駅の管理一元化である。
そのためには橋上駅舎やアクセス通路が必要になる。
しかし現状では博多や京都のようにJR西日本自らというわけにはいかない。

そこで旧徳山市が平成11年度策定した「中心市街地活性化基本計画」が大義名分になる。
この基本計画は合併協議により新市建設計画で徳山駅周辺整備事業というリーディングプロジェクトに位置付けられた。
周南市に代わって紆余曲折はあったが、一応平成21年12月に基本計画ができた。
その内容は総額130億円かけて徳山駅周辺整備をするというもので、南北駅前広場の整備、南北自由通路の新設、駅ビル建て替え等である。

どうして、いの一番に8m幅の南北自由通路が必要なのか、次いで橋上駅舎建設なのか、疑問に思うだろうがこれが26年度までの整備計画である。

そして木村新市長の訴えていた「駅ビルは解体しないでリニューアルを」というわけにはいかないのである。
なぜなら橋上駅舎の建設は現在の駅ビルを建て替えることを前提にした移転補償であり、市側が全面負担でこれを整備するという事実である。

さらにはこれらはすべて中心市街地活性化に必要な施策であるという周南市側の都合であり、JR側はあくまで受け身の立場になりこれが負担を免れ、営業施設としての新装徳山駅の完結、というわけである。

スポンサーサイト

西部道駅見直しに着手

さっそく木村新市長は選挙で訴えた「西部道の駅」の見直しのため検討会を設置し、明日10日に第一回の検討会を開くと発表した。
検討会のメンバーは地域づくりの研究者や、戸田駅西で実証店舗を運営してきた運営協議会のメンバーらの5人である。

市長の基本的な考えはHPに掲載してあり読めば大方イメージできるので簡単に抜粋してみる。
いわく「直売所や調理施設など、地域の人たちと話し合い、本当に必要な施設とそれに見合った建屋を作ります。
私は戸田駅前で毎年開催されている「西徳山いけいけフェスタ」を高く評価しています。
地元の人たちの手によって周南の各地で開催されるこのようなイベントを通じて、地域の活性化を図るべきだと考えています。

河川のそばに避難施設や防災施設はつくりません。
今回の「西部道の駅」設置の大きな目的の一つに、「地産地消の推進」があげられています。
しかし、25億もの税金を投入し、公の手によって、大型の直売所を建設する必要があるのだろうかおおいに疑問を感じます。
民間でできることは可能なかぎり民間にまかせるべきです。」
ざっとこんなところですが、きわめて常識的な考えであろう。
市は検討会に農業・地域振興につながる施設を目指し、コスト面などを検討して規模や機能の見直しを諮問する。
さらには将来にわたる運営も、地元の人が長く関われることで地域の活力を生み出す施設であることが求められる。

諮問を受け7月まで週1回程度会合を開き7月下旬に意見書を市側に提出することになる。
前市長が声高に「周南再生」だとか「地域活性化だ」とか、箱物を作って「これから自治の本質が発揮できる」とか、心地よいスローガンは一時「そうかな?」と耳を傾けるが、実質が疑われるようなことは慎むことだ。

用地の買収も終わっており、土地の用い方と併せ施設建設には財源も同程度見込むのか、合併特例債を使うことにもなるが、25年度までの期限に時間が少ない。
どんな検討結果が出るのか注目したい。

財政問題調査特別委員会を再開

「防災行政無線施設整備に関する調査特別委員会」の活動で5か月近く開店休業状態だったが、昨日(7日)13回目の会合を持ち、今後の進め方を協議した。

これまでの調査活動で周南市の財政実態も概括的にわかってきた。
本来、市の運営は、まちづくり総合計画をもとに前期・後期基本計画をつくり、3カ年間のローリングによる実施計画によって、年度予算を組んで事業が進められる。

しかし、なぜか平成23年度は実施計画の策定が遅れている。
通常なら新年度予算とほぼ同時期に策定されるはずであり、財政運営の根幹となるべきものなのにどうしたことだろうか。
どうも基本計画をはずれた元市長の政策による事業ありきではなかろうかと思うが、このことを先ず市側に問うことになるだろう。
さらには大型プロジェクト事業の詳細をしっかりと調べる作業が残っている。

何をおいても将来にわたって健全財政の確保が求められるわけだから、議会側も責任の片棒を担がないといけない。
合併による支援措置がなくなる平成26年度以降の現実を心しながら、しっかりと調査の具体的成果をだしたい。

どっちかにしろ

近くに農家のおばさん達が運営する青空市場がある。
何処にでもある道の駅のミニチュア版というところ。
我が家、二男、長男の3所帯分の野菜を買い込むため良く立ち寄る。

今朝も「国会はどうなっちょるんかねー」「菅さんは話にならんねー」口々に私に話しかける。
「やるなら性根を据えてきちんとやれ!できんならさっさと辞める。どっちかにしてほしいね」

去る3日藤井律子県議の激励会の席で林 芳正参議院議員が[菅さんはできもしないことを次から次と大風呂敷を広げる。もしできたら自分の手柄、出来なかったら他人のせいにする。」


今の震災対策は「水におぼれた人を助けるために、どうしたらいいのか、と詮議をしているようなもの。なにをおいてもまず命を助けることだ。こんな人が国家の最高責任者では外国からも軽蔑される」と言う。

その通り!私もそう思う。
近所の農家のおばさんたちの言葉に何処にも似たようなものがいる、と感じつつわが身を振り返る。

何がなんやら

何とも驚き。2日衆議院で内閣不信任案が提出され、そして見事否決されてしまう。
「国家火急存亡の危機にあるこのとき、何故?」大義なき政治屋の権力闘争に茫然。

反菅勢力が揺さぶりをかける。
すかさず「震災復興に一定のめどがついたら(私のやるべき役割が果たせた段階)若い人に引き継いでもらう。」よくぞ言ったり。
なんとか一時しのぎで切り抜けたが傲慢さと無責任さは明らか。
一方では「あなたではだめだ」と言われているのに自分が見えていないと思われる。

周南市議会でも似たようなことがあったがこちらは何とかけじめをつけた。
それにつけても権力にとりつかれた人間のおぞましさを目の当たりにする。

わかってはいても菅 直人という人間の狡猾さには感心させられる。
総理大臣であり衆議院で圧倒的な数を持ちながら、なぜ思いきった政策や決断ができないのかよくわからない。

見てきたようなことを言うがたぶん党内の信頼がないのだろう。
こんなリーダーに国民は殊更空疎を覚える。

何よりも外国から見たらどう映るのか。
世界から日本は試されている。
既に死に体宣言をしたようなリーダーをまともな交渉や約束相手にはできないのではないか。

自身、震災の直接被害者ではないがこの時期、震災被害の復興に何故もたつくのか、野党案や官僚の知恵をしっかり受け入れ果断に実行できないのか、口先だけは「国民の皆さん」と言いながら誰のための政治なのか、気がもめる。

とにかく今朝は気分の悪い出来事に同い年の菅 直人に我が身を重ね心が萎えてしまいそうだ。
今更ながら「民は治者に倣い、リーダーは組織を映す」と。

戒めとしたい

30年近く議員生活をしてきたが「孤立を恐れず信念を貫きたい」と、強がってはきたが時には疲れるし、少々落胆もする。
親友がメールをくれた。
真理をついた言葉に「然り、然り!」萎えそうな気持ちを鼓舞される。

「世の中を見渡すと、人間の交わり、群れには、二通りあるようです。

一つは私益を求めて私益極大化のために群れるもの、今ひとつは人間的根源の共感関係です。

もちろん両者とも、人間ゆえの群れの形成という部分があることは否定できませんが、前者の接着剤、共通の接合部分はあくまでも私益。共通目的が瓦解すれば容易に群れは瓦解することとなります。

一方、後者の方は公益に通ずる途でもあり、広く万人に広がる関わり合いであり、人間であることを辞めない限り永続性を持つものでありましょう。

短期的には、私益の集団が天下に風靡することがままあることは歴史に示すとおりでしょうが永続した試しはありません。

人間はまさに際限なき欲望を持つ動物、それゆえ文明を持ち得たともいえますが、これを野放図にしておけば自らに災いが降りかかり、すべての悩みの元となることを先哲や宗教が教えております。

すべての欲を否定しても人間は生きられず、欲のままにしておけば自滅するというやっかいな欲という宿命を持つもの。

残るは、如何にこれを制御していくかが問われましょう。
毒にも薬にもなる欲。

 忘れてならないことは、主人公は人間であり欲ではないことでしょう。
欲が癌のように自己増殖して行き場、やがてその所有者も死滅するのみ。

我唯知足」


元気を出して前に。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。