スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気が一番

5月11日から13日まで、新南陽輝きクラブ(老人クラブ)の旅行に行ってきた。
60歳前半から92歳を最高齢に老老男女が73人ということだが、なかなかかくしゃくとしている。聞けば大方の女性は新しく買い求めた衣装だとか。中には3日間、衣装を換えている人も。

行く先は別府鉄輪温泉。道中に国東半島一帯の寺院の総称である六郷満山(国東、武蔵、来縄、田染、安岐、伊美)のうち国宝富貴寺を訪ねることにしていたが、雨のため参拝ができない。残念だがあらためて訪ねてみたい。
富貴寺についてちょっと蘊蓄を。俗に蕗の大堂と呼ばれ仁聞創建当時の姿を伝える藤原期の貴重な遺産である。正面3間、側面4間の方形造りで中央に定朝作と伝えられる阿弥陀如来像と重要文化財の壁画がある。
宇治平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂とともに日本三建築のひとつに数えられている。境内に国東塔、笠塔婆など多数の石造美術品がある。当時、極楽往生を願った貴族は阿弥陀仏を念じながら阿弥陀如来の周囲を歩きまわる「常行三味」を行ったとされている。

宿泊は別府鉄輪温泉 旅館「ゆの香」に2泊する。今更詳しく書くこともないが鉄輪温泉をちょっと紹介
「日本1位であり世界2位の湧出量を誇る別府市の別府八湯の温泉群。その中でも最も多く温泉源が集中するのが鉄輪(かんなわ)温泉。その歴史も古く、鎌倉時代一遍上人が念仏行脚の途、鉄輪の地を訪れ、猛り狂う地獄地帯を鎮め、湯治場を開いたのが鉄輪温泉の始まりとされる。

古くから湯治の街として栄え、農閑期に疲れを癒すため農家や、療養のための長期滞在の人が多く訪れ、温泉の蒸気で蒸す「地獄釜」を使い自炊をしながらゆっくりと時間を過ごした。」と説明書にある。町並みは良く整備され主な散策道は石畳が敷かれ心地よい。
しかし、思ったほどの観光客がいない。理由は多くあろうが、ちじこまることもないのに。 

13日はしっかり晴れ渡り、帰路に。途中、今度は文殊菩薩を奉る六郷満山の名刹天台宗「文殊仙寺」である。「三人寄れば文殊の知恵」発祥の寺でこちらは西暦648年に開山される。
本殿である奥の院まで280段の石段を「足が痛い」だの「こりゃ厳しい」と言いながら40人ばかりが重力に逆らって足を進める。途中の客殿で副住職・秋吉文暢さんの講和を聞く「人に死後の世界がある」と説かれる。

「今夜は熱が出るかもしれないよ」「どうして?」「文殊の知恵をいただいたので知恵熱がね」「もうちっと若い時に来りゃ良かった」こんな他愛ないことを言いながらの参拝。
日程はゆったりだが、良く歩き、良く食べ、良くしゃべる、そして笑う。なるほど日頃からしっかり健康管理をしているお方ばかりだと知る。改めて元気が一番、教えられる旅だった。

沈黙は愚者の知恵

昨日(9日)議会運営委員会に出席のため先月28日以来11日ぶりに議会に行く。

「兼重議員知っちょってですか」
「何を?」
いきなり私に語りかける某議員。
「熊毛の島津市長の後援会集会で兼重議員、古谷議員、米沢議員の3人の名前を挙げて周南市議会の三悪人だと言ってましたよ」
「知らん初めて聞いた。それを誰が言うたのか?」
「もちろん島津市長ですよ」
傍にいた尾崎隆則議員も「それを聞いた市民が、なんでそこまで言うかねーと言って蔑んでいたよ」

済んでしまったことだから敢えて取り沙汰すつもりはないが事実だとすれば愚かしいこと。
島津市長に三悪人だと言わしめた直接の理由は「防災無線工事にかかる百条調査特別委員会」の事実解明への取り組みだと思えるが、余程不満だったのだろうか。

紛うことなく4年間常在選挙活動である現職市長には最大にして最高レベルでメディアを利用してきたはずだ。
なのに「前代未聞の風評被害が市長選敗北の原因だ」と強弁されているが素直に市民に信じてもらえるかどうか。

百条調査特別委員会の報告は5月15日付の議会広報で市内全戸に配布されるので読んでもらいたい。

そして「議長声明」は

福田議長辞職の引き金になった「議長声明」の取り扱いをどうするのかも話し合った。
これは3月11日の百条調査委員会で島津市長の傍若無人な振る舞いに対して議会側が再三の抗議と謝罪を求めるも不誠実な回答を続ける。
このことで4月4日の代表者会議で「議長声明」として全会一致で市民にアピールすることを決定した。
ところが公益を司るべき議長が私益を理由に「議長声明」を出すことに難色を示したことで、とうとう辞職に追い込まれた。これらも勘案し、本日5月9日の代表者会議は再度新議長のもとで議長声明を行うことを全会一致で決めた。

参考までに島津市長に対して4月13日付の議会からの抗議文を抜粋する。

平成23年3月11日、防災行政無線整備に関する調査特別委員会(以下調査特別委員会という)における開会前の市長の行動及び宣誓前の市長の発言については、3月16日、3月25日付でそれぞれ抗議文を送り、釈明、回答を求めたがいづれも、議会が求めた釈明、回答とは認められない。
このため、4月5日付で再度、回答をもとめたものの、4月8日の期限を過ぎた今に至っても回答がないままとなっている。
こうした再三にわたる市長の議会に対する不誠実な対応は極めて遺憾である。当日の市長の言動は議会を冒涜するものであり、ここに改めて強く抗議の意を表し今日まで回答がないことに対する釈明を求める。

                          記 
1.調査特別委員会開会前における証人として委員長の許可なく議場に入場し、傍聴席に向け一方的かつ勝手に発言した行動について謝罪すること。
2.3月30日付回答文書に関し、4月1日、市長から議長に口頭で回答のあった次の3店について詳細な回答を文書で求める。
(1)抗議文で指摘して市長の発言に事実誤認がある。ということに答えていない。
(2)証拠となるものがある。と発言しているがその提出がないこと。
(3)公文書での提出を求めたが前回と同様私文書であること
3.3月11日に議長に提出された「報告」と題する資料に添付されていた2枚目、3枚目の文書を議会へ提出すること。                        
                                                以上

これに対して4月25付で島津市長から議会に提出された回答書は次の通り

                        記
平成23年4月13日付の「申し入れへの回答に対する抗議文」で、3月11日の調査特別委員会の行動及び宣誓前の発言について釈明を求められておりますが、これまで回答しておりますように、私の発言は100条委員会の公平性を懸念するあまりとった行動でありまして、そのことが品格ある議会の権威を損ねたのであれば深く反省いたします。
また発言の中で日付に誤りがあったとのことですが、昨年の12月7日に古谷議員、兼重議員、米沢議員等がとられた行動に起因する疑いが未だ解消されていない以上、日付の誤りは私の発言及び行動に何ら影響を及ぼすものではないと考えております。
発言の根拠等につきましては、現在の取り巻く諸情勢を考えた場合、現時点で公表することは適当ではないと考えておりますので、合わせてご了解いただければと思います。
また3月11に議長にお届けしました書類の2枚目、3枚目は議長個人宛にお渡しした私的なものであります。
尚、証人として出頭した際の出頭簿や宣誓書には私の私印を押印することになっており、こうしたことからも、公文書でもって回答する必要はないものと理解しております。
                                                 以上

議会はけじめを・・。

本日(9日)議会運営委員会を開催し、議長辞職により臨時会の招集を請求することに決定し、これを受け5月9日付で議長から市長に対して議長辞職の件を付議事件として臨時会請求書を提出した。

臨時会は本日の請求から20日以内(5月27日まで)に召集される。現市長の任期が5月24日までなので、現か新市長かどちらのもとで開かれるのか、ここは現市長の判断に任せることになる。
臨時会では議長選挙を行う。議長の任期は来年の市議会議員の任期までとし、これまで行ってきた推薦立候補制を やめ地方自治法に基づいて行い、議長に就任した者は登壇して3分から5分で議会運営に対する所信表明を行うことにした。
当然これらはCATVで放映される。

これからまたまた自薦・他薦の多数工作が繰り広げられるのか、予測はつかないが、間違っても山口県議会のような醜態は見せられない。

一寸先は・・。

5月6日周南市議会福田文治議長が副議長に議長辞職届を提出した。
理由はさる3月11日「防災行政無線施設整備工事の進捗遅れを調査する議会百条調査特別委員会」の証人喚問の席で島津市長が証人として尋問開始前の宣誓を拒否した。
その理由に挙げた事実無根の情報(複数の方から証拠を持って、と市長は説明)を元にした暴挙(議会の存在を否定)にたいして議会は抗議をしたが、市長再再度の抗議にも謝罪もなく暴挙を認めようともしないで頑なにすり替え、詭弁を弄したりとまったくまともに応えない為、4月4日の会派代表者会議で市長の態度を市民にアピールする議長声明を全会一致で決めた。

4月12日、声明文案を成文化するために代表者会議を開いた。
素案の検討に入った直後「議長声明は議長福田文治の名前で行うため市長選挙告示前のこの時点では選挙妨害に当たるかもしれない。
そうなれば私の政治生命も失われるし、家族もいるので選挙後に取扱いたい。」
他の2会派も同調意見あり。
炭村から「会派代表者会議は法的根拠がない。市長抗議の声明を出したいなら会派が勝手に出せばよい」この発言で一気に議長不信が噴き出る。
会議は閉会宣言なしの散会に陥る。
その後4月28日代表者会議の召集があったが、開会冒頭に議題の協議に応じるために出席したのではなく「代表者会議とはどういう位置づけなのか、前回の責任をどう取るのか、まずはその確認からだ」とはげしい質問を議長に浴びせる。
議長は「前回の発言にたいしてすいませんでした。きちんと決めなければならない議題なのでぜひ議事に入らせていただきたい」とするも半数以上の代表者は納得せず、紛糾する。
再度にわたる休憩後、事態の打開を図るため福田議長は「しかるべき時期に責任を取るので」と議長辞職を示唆して副議長と交代して退席する。取敢えず副議長が代行し、急ぎの案件のみを確認して散会。
「然る時期に」と言いながら具体的な時期を明言をしないまま、本日(5月6日)辞職の届けが提出される。

これから臨時会を開催し議会承認をすることになるが、その日程は5月9日開催の議会運営委員会によって協議されることになる。
未解決の市長への抗議声明、3月11日に宣誓拒否の理由とした具体的な根拠を示す回答等、市長の責任を問うための作業が残っている。

考えてみれば今回の福田議長辞職の直接の原因は3月11日の事実無根の情報提供者の言を鵜呑みにして、これを事実であると妄言を吐き宣誓拒否の理由にした島津市長の暴挙である。
市長の任期は5月24日までなのだから何とも恨めしいこと。しかし有耶無耶にはできない。
それにつけても「出所進退潔くすべし」責任ある職にある者の戒めとすべきことである。

プロフィール

かねしげはじめ

Author:かねしげはじめ
周南市議会議員3期目
(旧新南陽通算9期)

新誠会代表
企画総務委員会委員
議会運営委員会委員

連絡先
周南市米光379-5
電話 67-2303

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。